顧客の見極めが大切だと学んだ営業職の仕事

私はかつて、営業の仕事に携わっていた事が実際あります。いわゆる電話営業の仕事でした。あるリストを使って、様々な方々に無作為に電話をかけていく仕事です。もちろん電話をかけた上で、契約を獲得する必要はありました。

 

その際に学んだのは、見切りを付ける事の意義です。あまり1人の顧客に粘ってしまうのは、営業活動として効率的でないと学んだのです。

 

営業職と聞くと、多くの方々は顧客を説得するというイメージを描いています。確かに、それが有効な事もあるのです。

 

ですが誰にとっても説得が有効かと言われれば、もちろんそうでない事もあります。全くと言って良いほど興味が無い顧客に対して説得を頑張っても、いたずらに時間を浪費してしまう事も珍しくありません。それでは、あまり活動効率が良くないのです。

 

このため営業を行う為には、正確に相手を見極める必要があると、よく言われました。思えば仕事では「効率」が求められるものですが、営業職もそれは全く同じ事が言える訳です。