経営を成功させるマーケティングの基本はブランド差別化

失敗のリスクをできる限り避ける経営戦略として、ブランド差別化のマーケティング手法を取り入れることをおすすめします。ブランド差別化とは、他社にはない独自の商品やサービスを打ち出すことで、顧客を増やしたり世の中の人に覚えてもらおうとする方法です。需要のある商品やサービスを売り出したとしても、すでに知名度の高い競合他社が実践しているのでは価値を認めてもらうのは困難です。

 

顧客獲得をスムーズにするためには、自社にしか無い良さを相手に知らせるようにすると価値が一気に上がります。一度ブランドが確立されたなら、固定客がつきやすいというメリットもあります。例えばiPhoneは各メーカーからも発売されているスマートフォンの一機種でしかありませんが、世界中にファンが大勢います。iPhoneに対して洗練されたデザイン、使いやすさなどのブランドが浸透しており、他のメーカー製のスマートフォンよりも優先して購入を選択する層が一定数存在します。好例として、経営戦略の参考に使えるでしょう。