質の高い経営コンサルタントの見つけ方

質の高い経営コンサルタントは、企業にとってアドバイザーとして強い味方になります。しかしその中にも実力のある人からそうでない人まで様々な人が存在し、どのような経営コンサルタントを選択するかは重要な問題です。中小企業診断士の資格を持つ経営コンサルタントは、厳しい試験を乗り越えてきただけに信頼できそうな感じがしますが、資格を持っていることとその人の経営コンサルタントとしての実力は必ずしも同じではありません。

 

あくまでその人自身が経営コンサルタントとしての実力を兼ね備えているかどうかを見分ける必要があります。まず基本姿勢として、企業に寄り添って客観的で中立的なアドバイスができることが条件です。それぞれの企業において、自社の特徴に違いもあれば、置かれている企業環境に差もあります。そういった企業風土をよく理解し、その中から適切なアドバイスや方向性を示してくれることが大切です。画一的なアドバイスではなく、その企業のコンサルティングに全力で取り組む経営コンサルタントが望ましいです。